タイプ別あなたに合った通勤通学用防犯グッズ

通学 防犯

通勤時や通学時にトラブルに見舞われてしまう残念なケースが最近ではよく目にします。特に、小さい子供に降りかかる災難が多く学校に送り出す親御さんにとても気が気ではない世の中になって着てしまいました。もちろん警察などの関係機関や学校、教育委員会、PTAや親御さんたちが率先して防犯活動に力をいれてきてはいますが、どうしても目が届かない場所やちょっとした死角などを狙ってくる不審者もおおくいるわけです。そういったトラブルから子どもたちや自分自身を守るために必要なのは防犯に対する意識の高さと言えます。家庭で防犯についての話し合いを設けて防犯グッズを身に付けるということは、とても大切な対策の一つと言えます。自分に合った防犯グッズを身に付けることで、トラブルから身を守ることができます。

通学時に使う自分に合った防犯グッズがどれかをしっかり見極めよう

防犯グッズはただ持てばよいというわけではありません。当然使い勝手の良さが大切になってきます。またどれだけ防犯能力が高いかという点も選ぶ際の重要なポイントとなってくるわけです。もし子供に通学用の防犯グッズを購入するなら親御さんだけで買いに行くのではなく実際に利用する方を連れて選ぶことが大切です。年齢によっても使いこなせるグッズかどうかはだいぶ変わってきます。身長や知識の違いによりそれは顕著に出ますので本当に子どもにとって良いグッズなのかどうかは実際に見ながら決めることが大切と言えるわけです。例えば防犯ベルひとつとってもさまざまな種類が発売されています。音がどれだけ鳴るのか、引っ張るものか、ボタンを押すものかなど実際に触ってみて選ぶことが望ましいことと言えます。

実際に通学時に持っていて便利な防犯グッズとは

定番の通学時に持つ防犯グッズと言えば防犯ベルのタイプです。この防犯ベルはランドセルやズボン、スカートのベルト通しにつけられるものなど様々な種類が発売されています。子供の年齢や身長、さまざまな点から使いやすいものを選ぶことが大切です。例えば力があまりない低学年の子供には引っ張るタイプよりも、ワンプッシュで音が出るボタンタイプがおすすめと言えます。ベルト通しにつけるものはある程度操作に慣れている子に向いていると言えます。小さい子供や小学生に上がったばかりだと、下を向いてグッズを探すまでに時間がかかってしまう可能性があります。小さい子供や操作がうまく出来ない子供の場合は、ちょっとした動作だけで操作することができる防犯グッズがおすすめと言えます。大人の方が持つ場合は、ベル以外にも持ち歩きやすいグッズが良いです。

子どもの居場所の確認だけでなく、残額確認やお迎え時間の予定が立てられるなど、便利にお使いいただけるサービスです! 見守りサービスのICカードは、Suicaだけでなく、PASMOでも利用が可能となっております。 当社の見守りサービスの特徴としましては、JR東日本で初めての改札システムを使用した子ども見守りサービスとなっております。 通学での防犯対策はまもレールで安全確実にお任せしましょう