子どもに持たせたい通学も安心できる防犯グッズ

通学 防犯

子どもが犯罪に巻き込まれるといったニュースをよく耳にしますが、小さな子どもを持つ親にとっては特に不安になるかと思われます。そこで通勤通学時に役立つ防犯グッズについて紹介します。まずは、防犯ブザーがイメージできるのではないでしょうか。防犯ブザーは防犯グッズの定番商品です。大きな音が鳴る事で、周囲に危険を知らせると同時に犯人を驚かせて被害を与えないよう抑止力になるといったメリットがあります。子どもにも使いやすく、比較的安価なため、実際にランドセルやカバンに付けているお子様も非常に多く見られます。子ども自身が安易に引き抜いてしまうこともありますが、本当に緊急事態に陥った場合の危険性が薄れてしまうのと電池がいざというときに切れてしまうということもあるので気をつけましょう。

通学時の防犯につながるサービス

防犯ブザー以外にも通学の際に便利な防犯グッズがあります。例えば、防犯対策になるランドセルカバーは、犯人がランドセルをつかんでもカバーだけが外れてしまう仕組みになっています。また、防犯ブザーを分かりにくくするために、ランドセルカバーと一体化したものもあります。そして、防犯グッズは商品だけでなく、最近ではGPS機能を利用した防犯のための見守りサービスもあります。GPSが搭載されたキッズ携帯を持たせておけば、通学の際に何かあれば知らせてくれますし、子どもがどこにいるのかも確認できるのでとても便利で安心です。ただし、学校によっては携帯を所持できないところもあるので注意が必要です。他にも、ICカードを使って改札機を通過するとお知らせが届くサービスなど、子どものための防犯対策は多様化してきています。

通学で役立つ防犯ブザーの選び方

通学時や通勤時にも役立つ防犯グッズは、近年、種類も増えてきてどのようなものを持たせたら良いのか迷われている方もいるかもしれません。防犯ブザーにしてもたくさんの種類が販売されていますが、ポイントは使いやすいかどうかです。防犯ブザーの場合だと、紐を引き抜くものやボタンを押すタイプがありますが、引き抜くものだと間違って引き抜いた後に失くしてしまう恐れもあるので、引き抜ききらないタイプか無難にボタンのものを選ぶといいでしょう。また、壊れにくく、周囲に音がいきわたるような音量かどうか確認しておきましょう。通学の時の防犯対策として、防犯グッズを持つことも重要ですが、家族や周囲の人達の見守りもとても大切な事です。防犯グッズと一緒に日頃から子どもへの気配りを忘れないようにしましょう。