誰でも出来る通勤通学時の防犯方法

通学 防犯

近年、子供たちを取り巻く生活環境はとても厳しいものとなっており、全国各地で通学途中での子供の連れ去りなど不安なニュースが報じられ、いつどこで何が起こるかわからず、親御さんたちにとっては大切な我が子の身の安全を確保するため、普段から防犯対策が欠かせない時代となりました。保育園や幼稚園時代は親御さんが送り迎えをしていましたが、小学校への入学と同時に子供たちだけでの通学が始まります。上級生が新一年生に付き添いをしてくれる学校もあるかもしれませんが、地域によっては入学後初日から登校班もなく、小学1年生が一人で登校している場合もありますので、各家庭での通学時の防犯対策が必要となります。そこで、親御さんも安心できる通学時に役立つおすすめ防犯グッズと防犯対策をご紹介します。

これがあれば安心。定番の防犯グッズ!

通学時の定番防犯グッズといえば防犯ブザーですね。防犯ブザーとは、ランドセルの肩ベルト等に付けて、身の危険が迫った時に、紐を引っ張ると大きな音が鳴り響き、周囲に知らせるためのものです。シンプルなものからキャラクターものなど様々なデザインがあります。見た目はキーホルダーのような防犯ブザーもあり、付けていても一見防犯ブザーとはわからないものも多く販売されていますが、子供場合は明らかに防犯ブザーとわかるものを付けているだけでも不審者への牽制になりますので、正面から見える場所に付けておくと良いでしょう。また、防犯ブザーの他にはかばんに入れておくだけの小型のGPS機もありますが、こどもケータイを持たせると、防犯ブザー機能とGPS機能と電話機能がありますので、親御さんは遠隔見守りができ、より一層安心ですね。

普段から意識して防犯対策をしておこう!

不審者から子供たちの身を守るためには、防犯グッズを持ち歩くと共に、子供の行動がポイントとなります。通学時になるべく1人にはならないように、自宅が同じ方向の子供同士で行動するように伝え、できる限り近隣の親御さん同士も知り合いになっておくと情報交換もでき安心です。万が一、不審者から声かけされたりした場合に、子供がすぐ駆け込める場所も数か所確保しておくと良いでしょう。警視庁が発行している「子ども110番の家」シールを貼ってある店舗や知っている人の家などが通学途中にあるかを親子で確認しておくと安心です。不審者は言葉巧みに子供たちに近づいてくるので、普段から親子で防犯について話し合う時間を作ったり、近隣の親御さん同士で情報共有等をしたりして日々の防犯対策をして下さい。